杉並区税理士の先生に聞いてみたい退職後の税金のポイント

国に納める税金のほかに、地方の税金措置がいろいろあります。お住まいの地域に直接問合せもできます。が、出来れば、事前に税理士先生に相談された方がお勧めします。特にサラリーマンは給与関係はずっと会社にお任せして、税金の計算や仕組みが分からないまま過している人が多いと思います。まもなく退職を迎えるサラリーマンにとっては、リタイア後のマネープランはとても重要です。その中でも、まもなく受け取る退職金の税金について、杉並区税理士の先生に詳しく聞いてみたいと思います。特に勤続年数と税金の関係について知りたいと思います。いまや70代現役時代だから、会社リタイヤしても、なんだかの形で働き続ける人が増えてます。年金ももらえるようになったら、もちろんちゃんと頂きたいことだし、そこの税金の計算はやはりプロの税理士さんと相談したうえで決めたいですね。
ホームページなどで自分なりに調べてはいるのですが、なにぶん膨大な数のサイトがありますので、なかなか的を得た回答例がなく、また退職後は公的年金をもらいながら、同時にアルバイトで働くことも考えています。そこで杉並区税理士の先生に、年金をもらいながらアルバイトをするときの所得税の計算方法について、詳しく教えてもらいたいと思います。わたしは定年までまだまだありますが、税金制度が年々変わることもあり、もともと詳しくない素人には複雑すぎる。やはり必要な時になると、プロの先生に相談し、賢く生活したいと思います。先日、マイホームを購入したのですが、これで家賃がなくなってスッキリ~と思っていたのもつかの間。固定資産税?なんだそりゃ。支払えと。通知がきましたよ。結構な額なのですな。ビックっりしました。一括でなんてとてもじゃないですけど払えませんので、もちろん分割にしましたが。賃貸よりもお金がかかるのかしらと、将来が不安になってしまいました。

887 6/4
更新 9月10日

Copyright ©All rights reserved.杉並区の税理士会計士情報 .